「交通事故の被害に遭ったら」まとめ

タクシーとの接触事故

以前、友人がタクシーとの交通事故を起して、いろいろと大変だったと聞いた事がありました。
その理由は、相手は車を運転する事に長けている事以上に会社に属しているドライバーはしっかり会社の保険担当の人がついている事もあり、タクシーと事故を起した場合は不利になる事が多いと聞いていたのです。

しかし、そんな話を聞いた後に私がタクシーとの接触事故に遭ってしまいまいた。
事故の説明をすると、私が一車線道路を走行している時にコンビ二の駐車場から出てきたタクシーに接触をされるという事故でした。

半ば強引に通りに出てきたと感じたのですが、タクシーの言い分は違いました。
私がわき見をしていた可能性がある為にぶつかった、なる主張をされたため、私は猛烈に講義をしました。

結局その事故をも目撃した人がいなかったため(通りすぎた車はいたのですが、そのまま通りすぎてしまったのです)お互い自分が思った様に主張をしていました。

特に大きな怪我はなかったのですが、私は精神的なダメージが凄くありました。

自分の中では何度考えてみても、タクシーが突然コンビ二の駐車場から出てきての事故だと言う事は譲れなかったので、結果、弁護士の方に相談をする方法を取りました。

最初は、単に自分が車をぶつけられたという事故だと思っていましたが、その後飛んでもない展開になってしまったので、弁護士さん相談するしか方法がなかったわけですが、全てを託して相談できる相手が出来た事で気持ちが少し楽になったと言う感じです。

DATE:2017/7/4

ピックアップ記事

記事一覧