「交通事故の被害に遭ったら」まとめ

自転車と車の交通事故

私が体験した交通事故の話です。事故が起きたのは、午前中のことでした。私は自転車で轢いて来た人は車でした。

その日は買出しの日でしたので、私は前の籠にも後ろの籠にも沢山の荷物を入れてスーパーより自宅へ帰る途中でした。

道幅が狭い道を自転車で走るので、自分なりにはとても気をつけている部分もありましたが、暑いし早く自宅へ帰りたい気持ちも確かにありました。

私が自転車で走行している時に、少し車高が高いRV車が私を抜かして行った直後に事故は起きました。
あまりに車が私の横を勢い良く通過して、私と車の幅がギリギリだった為に、私はバランスを崩して道路の右側によろけたところを、後ろか来た車に轢かれる形になりました。

よろける原因になった車は既に走り去り、轢いた車の運転手の方は呆然としていました。
轢いたのは事実だけれど、前の車が原因でしょ?とうしたらいいの?みたいな感じで呆然としていました。

一応、110番をしてもらい警察の立会いで検証をしてから、私は怪我の手当てをする為に家族に迎えに来てもらいました。

私を轢いた方も自分の保険屋さんに相談をするとの事でしたは、展開が難しいと感じたので、私は友人の紹介で事故を専門に扱う弁護士事務所に依頼する運びとなりました。

自転車は破損してしまいましたが、大きな怪我ではない事が幸いです。

DATE:2017/7/4

ピックアップ記事

記事一覧